散骨をする場合の注意点

散骨は近年、従来のお寺の檀家制度以外の宗教観、死生観の多様化や、自分の死後残された家族に墓地の維持管理等の経済的負担をかけさせたくないといった考えから、少しずつですが広まってきています。

しかし、実際にするにあたってはいくつかの注意点があります。


まず、散骨をする場所ですが、よく選ばれるのは海であったり人里離れた山中であったりと、故人の意思によって主に自然豊かな場所が選ばれます。

しかしこういった場所ならどこでもいいかというとそうではなく、以前水源地の山林にまいたことによって、地域の住民から苦情が出てトラブルになったという事例がありました。

狭い国土の日本では、人が入っていける山々は周辺の住民の生活と密接につながっていたり、私有林であったりすることがよくあります。

海の場合だと、港や漁場、養魚場などの人の生活にかかわる場所はやはり避けるのがマナーとなります。
沿岸ではなく、船をチャーターして沖に出るのが望ましいです。

日本経済新聞情報サイトをご利用下さい。

故人の意思を尊重するのも大事ですが、場所を選ぶ際には周辺環境への配慮を最大限にする必要があります。
そして、散骨そのものは決して法に触れる行為ではありませんが、火葬したままの遺骨では遺骨遺棄罪に問われることになり、「粉骨」という作業によって細かな状態にしなければなりません。



いろいろと注意しなければならないことがあり不安になりますが、こういった諸問題をすべて責任をもって引き受ける業者も最近は増えているので、利用することで安心して散骨することができるでしょう。

散骨の有益情報を見つけよう。