美しい海で眠る海洋葬という選択

死んだ後はお墓に入るのではなく、自然に還りたいと考える人が増えています。

これはお墓の後継者問題や宗教観の変化などが影響していますが、個人の価値観や生き方を重視する現代においては、このような考え方をもつ人は今後も増えると予想されます。

自然に還る埋葬方法の代表的なものといえば散骨です。

細かく砕いた遺骨を野山に撒く散骨は、自然に還る埋葬方法として誰もがイメージするものでしょう。

この散骨については特に法律で定めるところはなく、一定の配慮をもって行うのであれば特に問題はありません。しかし実際に野山で散骨するというのは思ったよりも難しいものです。



前提条件として敷地を所有する人の許可が必要ですので、一定の決められたところでしか行われていないのが現状なのです。
そこで最近は海に散骨するという人も増えてきています。


海へ遺骨を撒くことを海洋葬といい、このサービスを提供する業者も全国各地に登場しています。


海洋葬のメリットは所有者のいる陸地と違い、海が舞台ですので比較的簡単に散骨できるということです。

もちろん陸地の近くなどでおこなうことは難しいので、船で沖合まで赴く必要がありますが、それほど多くの制約を受けることはありません。

海洋葬サイト利用者からとても評判です。

しかも費用面でもメリットがあります。海洋葬の場合、一家族だけでおこなうこともあれば、合同葬といって複数の家族が合同して海洋葬をおこなったり、スタッフに委託して散骨を代行してもらうことも可能です。
合同葬や代行して散骨してもらう場合は、船のチャーター料などの費用負担が減りますので、そのぶん費用も安くなります。
このように海洋葬は自然に還るという願いを叶えるだけでなく、残された遺族の費用面での負担を減らしてくれるというメリットもあります。

新しい時代の埋葬スタイルとして、今後ますます注目されるかもしれません。

All Aboutならこちらのサイトがオススメです。