近年人気のある散骨とは

これまでの日本では、葬儀のあと亡くなった人を弔う方法として火葬が執り行われてきました。火葬した後は遺骨を骨壺に収め、お墓などに納骨するのが一般的です。

ただ、近年は自分の遺骨を自然に還す散骨を希望する人が増えてきました。散骨とは、亡くなった人の遺骨をお墓に納めることなく、海や山など故人が愛していた場所へ撒くことを言います。


海や山ばかりでなく、空や川、野原などありとあらゆる場所で行われています。


このような散骨を希望する人が増えてきたのは、少子高齢化や核家族化が進んだことにより、将来お墓を守る人がいなくなるという心配があるためだと言われています。



また、お墓を購入し、お寺に永代使用料を払うとなると非常に高額な費用がかかります。

オリジナリティに富むWeblio辞書についての情報はこちらです。

こういったことが影響して、お墓にこだわらず自分の好きな場所で自然に還ることを望む風潮が高まってきたのです。



ただ、散骨するのはどこでも良いという訳ではありません。
陸地に行う場合には、国から許可がおりた所定の場所で行う必要があります。


また海の場合は許可制ではありませんが、陸地からある程度距離があり、近隣に漁場が無いなどいくつかの条件をクリアすれば基本的にはどこでも可能です。

散骨はここ数年でよく耳にするようになった新しい形の供養というイメージがありますが、海外では古くから取り入れているごく一般的な存在です。

個人ひとりひとりの価値観や希望が尊重され、それが叶えられる時代になったことは非常に喜ばしいことと言えます。