樹木葬は周囲の自然と共存する埋葬方法

自分の死後にお墓の事で遺された家族に迷惑をかけたくない、そんな風に思う人は核家族化の進んだ現代社会で増えているといわれています。


墓石を立てて作られるこれまでのお墓と異なり、墓石の代わりに樹木を植えることで自分が死んだ後にやがては自然に帰っていくという自然層の一部の樹木葬の人気が高まっているのも、そうしたことの表れだといわれています。

茨城の樹木葬の最新情報を公開しています。

宗派や家柄などを全く気にすることなく供養ができ、自分の好きな花木の元で静かに眠ることができるもので、その形はいろいろです。

シンボルツリーの周囲に遺骨を埋葬する法要や、お骨を個別の木の元に埋葬する方法などがあり、霊園や各寺院などによって種類は異なります。


核家族化や非婚化の進んだ現代社会ではお墓の継承者を持たない人と言うのも少なくありません。これまでのような墓石を建てた墓を持つにはお墓の継承者がいることが前提になっていたため、自分がいなくなった後にお墓を継承する人がいない人にとってはお墓を持つことは困難でした。



けれども今、樹木葬のような自然葬が出現したことにより、自分が生きている間に死後の準備をすることができるようになりました。

ジョルダンニュース!の情報はこちらのサイトがオススメです。

しかも地域によって異なることはありますが樹木葬のほうがこれまでのような形でお墓を持つよりも費用的な負担が小さくてすむことも人気の理由のひとつといわれています。

お墓は代々受け継いでいくもの、そうした考えが必ずしも当たり前ではない世の中になってきているのかもしれません。