富士山への登山のコツ

日本に住み登山をする方なら、いつかは皆が目指そうとされる方が多い富士山への登山にもコツがあります。

まずは高山病対策が第1のコツになります。高山病は富士山の高地では空気が薄いため低酸素状態になりやすくなります。症状は個人差があり、初心者や登山経験者など関係なく誰もが起こりやすい症状です。

酸素を身体に取り込みやすくするには、常に鉄分を多く摂取し、貧血にならないよう身体作りを事前から準備しておきます。富士山へ実際に登山の場合は、こまめに水分補給をし体内の水分が不足しないように努めます。

まずは五合目に到着したらすぐにさらに上へ登り始めるのではなく、ここで身体を高所に慣らすことが大切です。腹式呼吸で深呼吸を繰り返し低酸素にならないようにし、身体が慣れてきたら、ゆっくりと登り始めます。

そして、山小屋に到着したら、そこで休息をとり、さらに高地の環境に身体が慣れるよう体調を整えます。ここでも低酸素にならないように常に腹式呼吸でゆっくりとした深呼吸に努めます。

体調がよくない際は、ベルトなど締め付けている服装があれば、それを緩め、身体が冷えないように温め、同じく深呼吸など深い呼吸に努めるなどし、少しでも体調を整えます。寝不足があると体調も崩しやすくなります。

また飲酒は絶対にしないよう注意が必要です。一気に体調を崩す原因になります。せっかくここまで来たのだからという理由で、悪天候でも登頂に向けて出発するのは大変危険です。登山自体も危険ですが、さらに高山病にもなりやすくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *