日帰りで、大清水から尾瀬ハイキングへ出かけよう

尾瀬は、古くからハイキングやトレッキングの名所として有名で、多くの観光客が訪れています。

湿原やミズバショウが有名ですが、尾瀬の美しい自然には、他では見ることができない素晴らしさがあります。半年以上雪で閉ざされる場所でもあり、独特の自然環境を有する高山植物の宝庫です。

そんな尾瀬ですが、関東甲信越からのアクセスが大変よく、都心からも日帰りで行くことができます。登山口は数カ所ありますが、例えば都心から近い大清水登山口ですと、車で4時間半で行くことができます。

大清水登山口の駐車場に車を停めてハイキングに出かけましょう。大清水から出かけて湿地帯を一周するコースは5時間程度かかります。日帰りの場合は、時間と体力と相談しながらどこまで行くのか決めるとよいでしょう。

湿原の中は木道が整備されていて、貴重な自然を間近で見ることができます。ミズバショウは、5月の下旬ごろから6月初旬ごろまで見ることができます。湿原一帯を山吹色に染めるニッコウキスゲは7月中旬から下旬、また春から夏にかけては非常に多くの珍しい花々が咲いています。

尾瀬は2000メートル級の山々に囲まれた山岳地帯です。山の天気は変わりやすいので、日帰りで訪れる場合も登山靴・雨具・防寒具・ヘッドライトなどの装備を準備してください。

日帰りでも楽しめますが、尾瀬には20箇所以上の山小屋があります。じっくり楽しみたい方は、事前に山小屋の予約を取ってゆっくりと散策を楽しんでください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *