尾瀬(大清水)の日帰りツアーでおすすめのコースとは

尾瀬はハイキングコースとして人気が高く、旅行会社のバスツアーに参加すれば首都圏から日帰りで楽しむことができます。

0泊2日の夜行日帰りバスツアーに参加すると、夜の10時過ぎ頃に東京都内を出発して早朝5時頃に大清水に到着します。登山や湿原ハイキングを楽しんでから、午後3時に現地を出発して夕方の7時頃に東京に戻ってきます。

大清水登山口を出発するコースでは三平峠を通ってから湿原地帯に入り、尾瀬沼を1周してから再び大清水登山口戻って来ることができます。早朝5時にバスを下車して大清水登山口を出発すると、2時間半ほど山道を進みます。

山を越えて行くと7時半ごろに湿地帯に入り、そこから尾瀬沼まで湿地に設置された木道を歩いて行きます。尾瀬沼の周囲は約8kmで、3~4時間かけてゆっくり歩きながら美しい風景や湿原に生えている植物などを観察することができます。

お昼頃に尾瀬沼を一周してから再び三平峠に戻ってきて、山道を歩いて午後2時過ぎ頃までに大清水登山口に戻ってきます。帰りは下り坂なので、行きよりも楽です。深夜に首都圏を出発する日帰りツアーを利用すれば現地の滞在時間が10時間もあるので、ゆっくり時間をかけて湿原を散策することができるのでおすすめです。

首都圏発のツアー料金ですが、7千円~1万円程です。宿泊施設を利用しないので、安い料金で湿原の散策を楽しむことができます。旅費を節約するために、お弁当や軽食・飲み物を用意して出発すると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *