大清水からなら尾瀬沼散策で日帰りが可能です

大清水は群馬県の東側に位置するエリア、尾瀬沼へのアクセスに便利な登山口で、日帰りで利用する事も可能です。

大清水から尾瀬沼へは一ノ瀬、三平峠を経て尾瀬沼に出るルートが一般的です。登山口から暫く歩くと、小淵沢田代との分岐点に到着します。この分岐点では一ノ瀬方面に向かいましょう。登山道は整備が行われていますが、鳩待峠からのアクセスと比較すると、少々難易度が高めのルートです。そのため、日帰りの場合でも、トレッキングシューズや非常食などの準備は大切です。

三平峠まで来ればその先には三平下、そして正面には雄大な草原に広がる尾瀬沼を望む事が出来ます。尾瀬沼は一周すると約3時間、三平下と大清水の往復が約3時間ですから、大清水からの日帰りは約6時間になります。但し、この時間には休憩がまったく含まれていませんので、休憩時間を含めて計画を立てるようにしましょう。コースタイムはガイドブックを使ったり、ネットの中にあるルートマップを使えば分かります。ちなみに、コースタイムは平均的な徒歩時間になっているもので、体力や経験などに応じて余裕を見ておくと安心です。

例えば、コースタイムが1時間になっている場合、初めての人は少し多目に考え、1時間15分程度の所要時間で次のポイントまで目指すように考えておくと安心です。尚、日帰りで出掛ける時には、大清水への到着時間を予め決めておく、バスを利用する場合には、遅くても出発時刻の45分から1時間前には到着出来るように計画を立てましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *