自然葬の説明や種類について

自然葬というのは、今までの日本で行われていた墓石をもちいるような方法とは違って、遺骨を何にも入れずにそのまま自然へと返したり、墓がそこにあるという人工的な目印をもちいないものを言います。

墓に遺灰を埋めておくのではなく、山や海などの自然に遺体や遺灰を還すことによって、自然の循環の中へ回帰させてあげようという葬送の方法です。



自然葬には色々な種類があるので、遺族の希望に応じて行うことが出来ます。

海で眠らせてあげる、海洋葬というのがあります。


これは、遺族は乗船することが出来ませんが、そのためスタッフの人が代行して行ってくれます。


遺族は港で見送りをして、後日海図入りの散骨証明書というのが届けられるので、どのあたりに家族が眠っているのかが分かります。

海にまく遺灰は、一部だけまくということも可能ですが、ほとんどの人が全部まいてしまいます。
次に宇宙葬という方法があります。

これは、遺骨の一部分をフライト専用のカプセルに入れて、衛生ロケットによって宇宙へと運ぶ葬送です。

地球の軌道上を回って最終的には、大気圏へ突入して流星のように消滅していきます。

この方法には、記録ビデオや宇宙葬証明書を貰うことが出来ます。


別料金によって遺族がロケットの打ち上げに、立ち会うことも可能です。

神奈川の自然葬の情報ならこちらにお任せ下さい。

このほかにも自然葬には沢山の葬送があって、生前から自分でこの葬送が良いと決めている人も、最近では珍しくはありません。

livedoorニュースに有効な情報の紹介です。

それぞれ特徴的な方法なので、思い出に残るお別れをすることが可能です。